Menu

Address

Q Plaza HARAJUKU 10&11F
6-28-6, Jingumae, Shibuya-ku
Tokyo 150-0001 JAPAN

〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-28-6 キュープラザ原宿10&11F

Google Map

Contact
Follow us

Sankeys PENTHOUSE Playlists
September, 2018

ASAMI HIROSE(BEAMS RECORDS)

廣瀬 麻美。原宿のレコードショップ「BEAMS RECORDS」のマネージャー兼バイイング担当。

COMMENT

酷暑の余韻をクールダウンしてくれるような聴き心地を意識しています。アッパー過ぎず、ダウナー過ぎない程良いテンションをキープしながら、様々なジャンルの楽曲を横断してみました。

Romy Mats(解体新書|N.O.S.)

1994年、東京生まれ。世界中から日本へと伝わるダンスミュージック/電子音楽を独自視点で紹介するパーティー『解体新書』を主宰。そして、東京レーベルレイヴプラットフォーム〈N.O.S.メンバー。また本名名義Hiromi Matsubara(松原裕海)では『HigherFrequency』ライター編集長として活動。

COMMENT

リラックスした雰囲気で流しても、一瞬注意して聴けば面白い音層。思わず身体が動いてしまいそうになる、2018年にリリースされた緩いダンスミュージックを集めました

Yoshihiro Sakurai

レコード買い始めて25年、DJ歴は20年くらい。普段は、WWD Japan、STUDIO VOICEなどを発行する出版社INFASパブリケーションズ・ビジネス部門のディレクター。自身がプロデュースするブランド・パーティーなどで好きなDJやアーティストをブッキングするのが密かな楽しみ…

COMMENT

比較的最新の音源中心ですが、所々に自分が長年愛聴してきた昔のSoulやJazz、Rock、New Wave、和物などをセレクトしました。バレアリックなものや高揚感のあるダンストラックから、一筋縄では行かない先鋭的な曲まで、一貫して都会的な雰囲気に包まれていますが、優しさや柔らかさの様なものを感じる構成になっていると思います。

AKEMI

東京都内を中心に、主にディスコやハウスなどをプレイするフィメールDJ。8歳の頃から7年間続けた和太鼓をルーツに持つ。独特のリズム感とグルーヴ感が好評をよび、フロアからラウンジまで幅広く活躍している。

COMMENT

涼しくなってきてもまだまだ暑い夜は終わらない。少し秋を感じる風を受けながら都会に繰り出したくなるような、そんな選曲です。

Toru Hashimoto(SUBURBIA)

編集者/選曲家/DJ/プロデューサー。サバービア・ファクトリー主宰。渋谷の「カフェ・アプレミディ」「アプレミディ・セレソン」店主。『フリー・ソウル』『メロウ・ビーツ』『アプレミディ』『ジャズ・シュプリーム』『音楽のある風景』『Good Mellows』シリーズなど、選曲を手がけたコンピCDは340枚を越える。USENで音楽放送チャンネル「usen for Cafe Apres-midi」「usen for Free Soul」を監修・制作。著書に「Suburbia Suite」「公園通りみぎひだり」「公園通りの午後」「公園通りに吹く風は」「公園通りの春夏秋冬」などがある。

COMMENT

2018年に発表されたアーバン・ミュージックから、有名アーティストの作品もまじえ“今を呼吸する”インターナショナルな名作を30曲。東京の素晴らしい夜景を一望できるSankeys PENTHOUSEのロケイションも意識しながら、昼間〜夕方にもフィットする寛いだメロウネスと洗練を兼ね備えたセレクションです。

Follow Us